全国統一小学生テストを実施しました

小学生

昨日の日曜日は啓学館ゼミナールで全国統一小学生テストを行いました。

全国統一小学生テストはもうすっかりおなじみになってきましたね。

昨日は30名ほどの小学生が啓学館ゼミナールでテストを受けました。

高学年の教室です。

この中の1名は四日市市の小学生です。

四日市市から受けに来たのではなく、本日こちらの近くに来ているので啓学館ゼミナールでテストを受けただけですよ。

こちらは低学年。

例年より低学年は落ち着いてテストを受けることが出来ていました。

結構難しいテストです

この全国統一小学生テストは結構難しいです。

中学受験の老舗、四谷大塚が問題を作成しているからです。

内容は

「該当学年の1学期に学習する内容+中学受験の発展的な問題」

となっています。

更に、テストが無料と言うこともあり試験はすべてマークシートとなっています。

ほとんどの小学生はマークシートのテストなんで、全国統一小学生テスト以外で受けることはありません。

それら2つの要因があり、啓学館ゼミナールの塾生で中学受験をしない生徒がこのテストを受けても良く出来て6割くらいの成績しか取れないですね。

ですので、このテストを受ける生徒・保護者の方には

「難しいテストですので、半分くらい取れていたらすごく良く出来ています」

「テストの点数よりも、がんばって取り組んだこと、チャレンジしたことを認めてあげてください」

「出来ればお子様が帰ってきたら、どんな問題か保護者の方も目を通してみてください」

と伝えています。

中学受験をしない生徒が高得点を取るのは難しいですが、何かを考えるきっかけになって欲しいですね。

 

次回は、11月に実施予定です。

 

それでは今日はこの辺りで。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうござした。