13時間塾にいる中3生が数名います

本日は冬期講習4日目。

高校受験を控えた中学3年生はすごく真剣になってきました。

啓学館ゼミナールは普段から一部の教室を自習室として開放しています。

塾生は自由に自習室を使うことが出来ます。

しかし、冬期講習中の中学3年生には自由に自習室を使わしていません。

冬期講習に入る前の週に、冬期講習の自習室利用予定を決めてもらい、事前に利用申込書を提出してもらっています。

つまり、無計画な、その日の気分で授業前後に自習することを禁止しています。

それを許してしまうと、だらだらと勉強したり、友達が残るから一緒に残って勉強するなどのながら勉強になってしまうからです。

また、一度でも予定時間に遅刻したりすると今後の自習室の利用を禁止にすると言うルールも決めてあります。

ですので、自習をしている中学3年生はとても真剣な雰囲気が出ています。

img_6657

先生の監視などが無くても、黙って勉強をしています。

自習予定表は壁にまとめて貼っています。

img_6658

何日か自習をして驚いたのは

「先生、自習の予定を入れてませんでしたが追加しても良いですか?」

と何人もの生徒に言われたことです。

それだけ真剣に勉強をしようという気持ちになってきてくれたことが、とてもうれしいですね。

冬期講習中は朝の9時から自習をする事が出来ます。

ですので、啓学館ゼミナールに在籍している中学3年生の半分強の生徒は塾に10時間くらい滞在しています。

その中でも数名の生徒は朝の9時から塾に来て夜の10時まで、実に13時間、半日以上塾で勉強しています。

そのような長期滞在をする生徒数名には勉強道具を塾に置いて帰ることを許可しています。

img_6659

強制されて勉強をするのでは無く、自主的に勉強をする、自分で考えて勉強をする生徒が増えてきたことがとてもうれしいです。