大阪府公立高校入試対策始めました

中学生

昨日は大阪泉州地域ではめずらしく雪が降りました。

そのような寒い中、大阪府私立高校入試がありました。

初めての受験だったので、多くの生徒が

「あ~先生、緊張したわ~」

と言っていました。

本日、面接試験がある学校がいくつかありますが、筆記試験は昨日で終了しています。

受験生にとっては、ちょっと一息つきたい所ですが、ゆっくりしている時間はありません。

既に、大阪府公立高校入試まで1ヶ月を切っているからです。

かなり生徒たちには徹底していたので、受験当日でしたが夜の授業は1名しか欠席がいませんでした。

と言うことで、昨日はこの問題集を使って大阪府公立高校入試の過去問を解きました。

問題・解答・解答用紙が全て分冊になっているのでとても使いやすいです。

また、冊子にはなっていますが、問題の配置が大阪府公立高校入試問題と同じになっているので解きやすいです。

問題集によっては、大問の途中で次のページになっていたりするので、問題を解く時にページを行ったり来たりしないといけない物もあります。

他の入試問題集より少し高いのですが、問題の解きやすさを考えると一番良いと思います。

公立高校入試の合否を分ける理科・社会の対策には

大阪府公立高校入試の合否を分ける理科・社会はこの1ヶ月弱にしっかりと対策をしていかないといけません。

過去問をしっかり解くのも良いのですが、特に社会などは5年前と現在ではデータが違っていることもあります。

また、理科・社会の過去問5年分では全く足りないです。

と言うことで、啓学館ゼミナールではしっかりと理科社会の基礎がついている生徒にはこの問題集を使わせています。

昨年の全国の公立高校入試で使われた問題が全て載っています。

ある生徒には「目指せ!全国制覇!!」

違う生徒には「日本3週しよう!!」

など指示を出しています。

それだけの分量の問題を解くためには、1日にどれだけの都道府県を解かないといけないか逆算させています。

この問題集をしっかりと使いこなせば、大阪府公立高校入試の理科・社会は9割以上の得点を安定してとることが出来るようになるでしょう。

本日は嬉しい連絡もありました

生徒からこのような連絡がありました。

啓学館ゼミナールの公式LINE@へのメッセージです。

昨日午後まで入試があったのに、本日の13時には結果がわかったみたいですね。

今年の合格連絡第1号でした。

合格しましたの報告は何度聞いてもうれしいですね。

明日以降も、たくさんの合格を待っています。