小学4年生、1回目のブレインブースト

ブレインブースト

啓学館ゼミナールの小学生はブレインブーストの授業が必修科目となっています。

ブレインブーストって何?

と聞かれることが多いので説明をすると、

速読による能力開発トレーニング

の事です。ですので、最初の2~3ヶ月は速読トレーニングをしっかりと行い、たくさんの本を読むことが出来る下地をしっかりと作っていきます。

始めて受講した小学4年生について

先週の土曜日に3月から啓学館ゼミナールの新小学5年生に、ブレインブーストの授業を行いました。

初回の授業時間は約2時間です。

まずは読書スピードの測定から

とりあえず、トレーニング前の読書スピードを測定しました。

その結果は、1分間に530文字でした。

現在小学4年生であることを考えると、結構早いと思いました。

日本人の平均読書スピードが1分間に600文字~700文字ぐらいだというデータがあります。

ですので、530文字はなかなか良い感じですね。

ブレインブーストの速読トレーニング中です

速読トレーニングはパソコンを使って行います。

初回はこのトレーニングだけで90分ほどかかります。

その他の受講生も速読トレーニング

現在中学生・高校生もブレインブーストの速読トレーニングを受講しています。

途中から一緒に授業を受けています。

約2時間の速読トレーニング後の結果は?

1分間に4940文字のスピードで読むことが出来るようになりました。

最初のスピードが530文字ですので、約9倍の読書スピードになりました。

簡単に言うと、

今まで1冊読んでいた時間で9冊の本を読むことが出来るようになった

という事です。

それも、たった2時間です。

これは、今回受講した生徒が特別な訳ではありません。

殆どの生徒が必ず読書スピードをアップさせます。

遅い生徒でも初回で1500文字。

平均すると、2500文字くらいですね。

1週間後に授業があるので

1週間後にまた授業がありますので、その時にこの生徒がどのくらいのスピードになったのかご紹介しますね。

啓学館ゼミナールで行っているブレインブーストの授業は、啓学館ゼミナールの塾生で無くても受講することが出来ます。

社会人・大学生の方でも受講可能です。

興味のある方がいましたら、一度お問い合わせ下さい。