中1、中2の理科社会は映像授業

中学1年生と2年生の理科と社会は1回90分の映像授業を行っています。

1つの映像が20分前後で、授業の後に確認問題、確認テストがあります。

確認問題はパソコン上で、確認テストは問題を印刷して紙に解きます。

また、授業の内容に沿ったテキストも使い、板書の内容を穴埋めなどでしっかりと写していきます。

授業は電子黒板を使用しており、理科の授業なら実際の実験の様子を映像で見ることが出来たり、社会の授業では世界各地の風景や歴史上の人物、建物などを映像で見ることが出来ます。

啓学館ゼミナールに在籍している中学生は、ほとんどの生徒が部活に入っています。

ですので、部活の時間やその時の体調で時間を増減させたり、振り替えたりする事のできる映像授業はとても人気です。

IMG_6232.JPG