小学生も定期的にテストをしています

小学生を塾に通わせていて、保護者が疑問に思うことの一つに

「本当に成績が伸びているのか?」

があります。

中学生になると学校の定期テストがあるので、そこに向けてしっかりと勉強をします。

小学生も学校で定期的にテストを行いますが、大半の生徒が90点以上を取ってしまうようなテストが多いです。

啓学館ゼミナールでも小学生・中学生を対象に年に3回「模擬テスト」を行っています。

この「模擬テスト」は各学期ごとの成績を確認するために行っています。

それに加えて、小学生は各単元ごとの学習成果を確認する「レッツ確認テスト」を1年間の間に算数12回、国語12回の合計24回行っています。

各テストごとに正解・不正解の問題を確認出来たり、平均点、塾内順位、過去のテストの結果を見ることが出来るようになっています。

算数・国語を合わせると月に2回は「レッツ確認テスト」を行うので、授業を受けっぱなしになるのでは無く、授業内容を理解できているかどうかがはっきりとします。

点数が悪かった生徒は補習を行ったり再テストを行ったりしています。

小学生にもこのような、定期的な学習評価をする事がとても大切だと感じております。

100点を取ると特別な成績表が出てきます。

IMG_6428

その他の生徒も合わせた成績表です。
IMG_6429